「仕事辞めたい」が口癖の私が会社を辞めない理由

こんにちは!JENNY(@jennychipi)です。

私は今「ヤるサロン」というコミュニティに属していて、その中でも同じ志を持った5人のメンバーと一緒にチームを組んでいます。

メンバー

バックグラウンドは全く違いますが、それぞれが「目標に向かって頑張ってる!」という共通点の元、一緒に切磋琢磨しております。

ところが、私は将来的に何をやっていきたいのか、あまり話したことがなかったので、ちょっとお話したいと思います。

「仕事辞めたい」が口癖だった社会人生活1年目

私は今、某大手IT企業に務める会社員です。

大学生の頃は、

「まつげは常に上向き、ネイルは常にピカピカ、毎朝スタバのラテを片手に都内の綺麗なオフィスに、ハイヒールでツカツカ出勤するぞ!週末はBBQか旅行へGO!」

という社会人への憧れをもっていたんですね。

実際これ全部叶ってます。なのに、それでも、

マジで仕事辞めたかった。

 

「辞めたい」と思ったきっかけ

私が、社会人として初めて配属されたのは「コンサル営業」という職種でした。

デイリーで目標があって、それが達成できないと、先輩に詰められて舌打ちされるんですね。だから、舌打ち返ししたらブチ切れられた。(当たり前)

 

お客さんに

「うちの担当外れろ」
「お前のせいでうちの商品が売れなかった」
「責任とれ」

と言われたこと何度もあります。

でも、別にこの時は「辞めたい」と思わなかった。

 

逆に

「あなたのおかげでうちの売上が上がった」
「絶対担当外れないでください!」
「本当にありがとう」

と言われたこともたくさんあります。

 

私は、これらの言葉を受けて、

全く心に響かなかったんですよね。

 

嫌なことたくさん言われて悔しかった。とか

嬉しいこと言われてやりがいに感じた。とかだったら

救いようあると思うんだけど、

私、何にも感じなかったんですね。

感情なくなったのかと思った。

この時、本気で仕事を辞めたいと思いました。

 

自分は今の仕事でやりがいを感じることができない

営業のやりがいは、お客さんの『ありがとう』の言葉です!

って言うのを、よく企業の採用ページとかで見ると思うんですが、

私の場合「お客さんの言葉は自分のモチベーションに繋がらない」ということが社会人1年目にして発覚しました。

その理由を考えてみました。

私の今の仕事は「コンサルタント」という立場なので、お客さんの売上を上げるために提案営業をすることがメインの仕事です。

もちろん、データを分析して、それを踏まえて「このお客さんはこれをやった方が絶対いいな!」と思って提案するんですが、

その提案を「やる」「やらない」の判断はお客さんが決めます。

また、「やる」と決めた場合も、手を動かして実行するのは、お客さんの仕事です。

 

だから、たとえ私が提案をして、それでお客さんの売上が上がったとしても、

それは

お客さんがやろうと判断をして、実際にお客さんが手を動かして実行した結果、売上が上がっている」

としか私は感じられなかった。

だから、どうしても、

お客さんの売上や言葉が、私に向けられるものだと感じられなかったんですね。

 

絶対仕事を辞めない!と決心した転機

自分の気持ちを言語化できてからというもの、みるみるうちに仕事へのモチベーションが下がってしまって、上司に

「今すぐ異動させてほしい、じゃないと辞めるよ!?!?」

と脅迫してみたんですが、上司微動だにせず。

 

そんなとき、私の尊敬している良き理解者の先輩に相談してみました。

すると、いつも「わかるわかる」と話を聞いてくれる先輩だったのですが、今回は違いました。

 

先輩

JENNYちゃんさぁ、今の会社で

なにもやり遂げてないよね?

 

頭にガーーンと重りが落ちてきたような感覚になりました。

その通り過ぎて耳が痛くて、他に何を言われたか、あんまり覚えてない。でも、

やりがいが感じられないから辞めたい

って、マジで子供な発想なんじゃないか、と思い直したわけです。

 

「上司のパワハラが辛い」「このままじゃ過労死する」「鬱になる」

とかだったら、今すぐ辞めた方がいいと思うんですけど、

神経が図太い私は、一向に体調崩す見込みないし、ただ、

「やりがいが感じられないから辞めたい」だけ。

 

それって、「お腹が空いたから泣き叫ぶ赤ちゃんと一緒だなー」と思いました。

 

冷静に考えれば、今の職場ってすごく恵まれているんです。

私はまだ2年目ですが、他の会社員やフリーランスではできないくらい大きな裁量権を持って仕事しています。

「自分のやりたいこと」とはちょっとずれるけど、長い社会人生活の中で役に立つ知識がこれでもかというくらい吸収できる環境です。しかもやりたいことがあれば、何やってもいい。

そんな今の会社で、

私なにもやり遂げてない

 

わたしは結構向上心があるタイプで、今までそれなりに結果を出してきたという自負があったから、ここまでショックを受けたんだと思うんですけどね。

このまま辞めたら、この会社での生活は一生の汚点になっちゃうな、と。

だから、会社の評価とかは抜きにして、自分の中で「これだけはやってやった!!」と思えることをやってから、次のステップに進もうと決めました。

私が将来やりたいこと

前置きが異常に長くなったけど、わたしは

時代性のあるWEBサービスを作る人間

になりたいんですよね。

 

で、やっぱ他人にアウトソーシングしちゃうと他人事になってやりがいが感じられないので、

絶対自社サービスとして作りたいですね。

 

例えば今年も、「VALU」やら「polca」やらアツイと言われるサービスができてますけど、それを使う側じゃなくて、作り出す側にいたいですね、常に。

そういう意味でいうと、今の仕事は決して遠回りではないんですね。

 

今がんばっていること

ということで、今頑張っていることはこれです

  1. 仕事のメインタスク
    *今の仕事から学べることはたくさんあるため。
  2. 仕事のメインタスク以外のこと
    *あまり詳細は言えないけど、自分の仮説のもと、今の会社の大規模な環境下で検証してる。
  3. ブログ
    *将来やりたいWEBサービスの発信者はおそらくブロガーたちなので、彼らの気持ちを知るため。お小遣い稼げたら、今の会社に依存する必要もなくなるという下心込み。
  4. WEBデザイン
    *将来UI/UX寄りの仕事をしたいので、学校に通って勉強した。今は時々クラウドソーシングして技術力UP。

同じチームメンバーの夢

という感じでした。

私は25歳女の会社員なんですが、バックグラウンドの違う私の仲間たちの考え方を知りたい方は順次以下に追加していきますので、よければみてくださいね。

今の働き方が不安な人に1番必要なのは「マーケット感覚」である

2017.08.15










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です